LA400スポーツECU換装!ハーフウェイスポーツECUで80馬力

スポンサーリンク
LA400スポーツECU換装
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。

ど~も、コペキチ(@copenl880silver)です。

 

LA400の赤ローブが納車されたのが2021年12月11日。

 

それから大人しく乗っていたんですけど、どうもモッサリした乗り味にストレスを感じ始めていました。

 

いや、遅くはないんですけどね。

 

元々、テイクオフのマジックタンクというパーツが取り付けられていたので、ブーストが上がっていたようなんです。

 

 

それでもCVTのDレンジで走っていると、何か物足りなかったんです。

 

そこでスポーツECUの交換したい欲が出てきて、ネットで調べました。

 

軽自動車のスポーツECUは、ECUを交換してプラグを換えて燃料をハイオクにすれば64ps⇒80psに出来るというお手軽さ。

 

ブーコンと燃調コントローラーつけてどうのこうのってのが不要です。

 

候補としてDスポーツとハーフウェイが挙がってきました。

 

どっちも信頼性がありそうです。

 

最後まで迷って、僕はハーフウェイにしました。

 

レビューを見た感じ、ハーフウェイの方がちょっとだけやんちゃ仕様みたいなイメージだったから。

 

 

そこで今回はLA400ローブに、ハーフウェイのスポーツECUを取り付けたので、その様子をお伝えしようと思います。

 

お値段:税込110,000円

 

ハーフウェイ公式サイト

 

HKSレーシングプラグM40XL3本セット:税込8,250円

 

 

作業時間:約1時間

作業難易度:2 out of 5 stars (2 / 5)

 

それでは早速、取り付けに必要なものからお伝えします。

 

スポンサーリンク

LA400ハーフウェイのスポーツECUの取り付けに必要なもの

スポーツECUには、2パターンの購入方法があります。

  1. 店舗に予約して純正ECUを書き換えてもらう
  2. 車から純正ECUを外して郵送

 

ハーフウェイさんは神戸のショップで、僕は静岡で遠方だったので2番の郵送にしました。

 

まずは取り付けに必要な道具を揃えていきましょう。

  • ハーフウェイスポーツECU
  • 10mmスパナ

工具はKTCのが精度も良くて使いやすいですよ!

 

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥782 (2024/05/19 08:39:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

では、準備が整ったので作業に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

LA400ハーフウェイのスポーツECUの取り付け手順

では、作業手順を確認します。

 

  1. バッテリーを外す
  2. 純正ECUを外して郵送
  3. ハーフウェイスポーツECUを取り付ける
  4. プラグを交換する
  5. ハイオクガソリンに換える

それでは順番に見ていきましょう。

 

1.バッテリーを外す

LA400バッテリー

バッテリーの外し方はコチラの記事をご覧ください。

 

⇒コペンLA400のバッテリーの交換手順!画像付きでご紹介します

 

外したバッテリーは倒さないように、邪魔にならないところに置いておきます。

 

 

2.純正ECUを外して郵送

それでは純正のECUを外していきましょう。

 

LA400のECUはバッテリーの後ろにあります。

バッテリーを外す

コネクタとボルトで固定されています。

 

まずは2本のボルトを外します。

LA400ECU固定ボルト位置

 

10mmのラチェットがあると楽に作業出来ますよ!

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥3,500 (2024/05/19 05:40:24時点 Amazon調べ-詳細)

LA400ECU固定ボルトを外す

コペキチ
コペキチ

ボルトを外してもまだ本体は外れません。

 

次にコネクタを外します。

LA400ノーマルECUコネクタを外す

ねずみ色のバーを下側に倒すとコネクタが上に浮いてきます。

 

LA400ノーマルECU固定ボルトを外す

あとは上にあげればコネクタが外れます。

 

LA400ECUコネクタ左側を外す

はい、外れました。

 

奥側も同じ要領で外します。

LA400CEUコネクタ右側を外す

コペキチ
コペキチ

これでもまだECUは外れません。

 

 

ケーブルやピンで固定されています。

 

焦らず外していきましょう。

 

LA400ECUじゃばら固定ピン

このピンはラジオペンチなどで挟むとすぐに外れます。

 

手でも出来ますので横からつまんで外して下さい。

 

LA400CEU固定ボルト

厄介だったのがこのボルト。

 

どうやって外すのかしばらく考えました。

 

ねずみ色のケーブル固定ブラケットが刺さっていますので、グリグリと抜けば外れます。

 

ネジがありますが、刺さっているだけでした。

 

これで取り外すことが出来ます。

LA400ノーマルECU

後はプチプチで包んでハーフウェイさんに郵送します。

 

3.ハーフウェイスポーツECUを取り付ける

ハーフウェイ梱包状態

郵送翌日には商品が到着しました。

 

早いですね!

 

ハーフウェイから届いたECU

こんな風にホコリが入らないようマスキングテープが貼られていました。

 

こういうところが好感が持てますね。

 

さっきと逆の手順で取り付けていきます。

 

LA400ECUコネクタをはめる

今度は奥側からはめ込んでいきます。

 

ねずみ色をバーを上げると差し込めます。

LA400ハーフウェイスポーツECU装着

ボルトやジャバラクリップを元に戻せば完了です!

 

付けてしまうとハーフウェイステッカーが見えなくなります(笑)

 

裏側だったんですね。

 

この後はバッテリーを元に戻して下さい。

 

 

 4.プラグを交換する

HKSイリジウムプラグ

プラグ交換に関しては、コチラの記事をご覧ください。

 

⇒コペンLA400のプラグ交換手順!L880と比べてやりやすいよ

 

難しくないのですが、プラグレンチは必須です。

 

 

5.ハイオクガソリンに換える

LA400燃料計

僕の場合、まだレギュラーガソリンが画像くらい残っていました。

 

ここから1/4くらいまで減らしてハイオクを給油しました。

 

その後、またガソリンを減らしてハイオクを満タンにしました。

 

これで完全にハイオクに変わります。

 

ハーフウェイのスポーツECUに限らず、スポーツECUに換えたら必ずハイオクにしましょうね。

 

ノッキングの原因になりますよ!

 

スポンサーリンク

 コペンLA400用ハーフウェイCVT用スポーツECUインプレッション

LA400ローブ

まずアクセルを踏んだ時の回転の上がり方が変わりました。

 

これは誰が乗っても体感出来ると思います。

 

出足のモッサリ感が消え、どこからでもアクセルを踏んで行ける感じ。

 

CVTのままでも十分速いです。

 

ただもっと出足を良くしたいなら、感度MAXというスロットルコントローラーとの併用がおすすめです!

⇒感度MAXのコペン用徹底レビュー!社外ECU交換車にも使えるの?

 

マニュアルモードで走るとあっという間に7000回転まで軽く吹け上がり、シフトタイミングが間に合わないほど。

 

コペキチ
コペキチ

それとエンジンブレーキが

良く効くようになった気がします。

 

これまで2速まで落とさないと十分減速しなかったのが、3速で十分減速するようになりました。

 

ちょっとした下り坂などで重宝します。

 

10万円でここまで体感出来るなら、費用対効果は高いと思います。

 

下手にサブコン入れるより簡単にパワーを手に入れることが出来るので、純正の速さに物足りなくなったらハーフウェイさんのスポーツECUはおすすめですよ!

 

車が別の車になったような感覚になります。

 

僕の車はエアクリーナー純正交換タイプ、マフラーはフジツボです。

 

それからTIFSIPという排気パーツが付いています。

 

なのフルノーマルでECU付けた感じとは、少し違うところもあるかもしれません。

 

ハイオクになって維持費が増えますが、同時に燃費も良くなりましたのでチャラですね。

LA400燃費15.2km/l

高速も走りましたけど、とても楽に加速します。

 

馬力的には64馬力が80馬力になっていますね。

 

たったの16馬力と思うかも知れませんが、コペンの軽いボディで16馬力違えばかなり違いますよ!

 

不具合や不満な点は今のところありません。

 

コペキチ
コペキチ

これは買って良かったです。

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

今回は、LA400にハーフウェイのスポーツECUを取り付けました。

 

神戸の近くの方であれば持ち込みで取り付けも可能です。

 

遠方でも郵送を使えば交換は可能ですのでじっくり検討してみて!

 

ハーフウェイさんのスポーツECUは、ゴロゴロさんがレビューされているのでぜひご覧下さい。

ぜひ参考にしながら取り付けにチャレンジしてみて下さい!

 

LA400のアイドリングストップが面倒な方はコチラの記事をどうぞ↓

 

⇒LA400アイドリングストップキャンセラー取り付け!これで快適に

 

パワーが上がったらボディー剛性も上げよう!

 

⇒コペンLA400タワーバーの取り付け!ボディー剛性がアップしたよ

 

コペン夏祭りの様子はコチラ↓

 

⇒第1回コペン祭り2022に参加してきました!個性的なコペンが集結

 

ノーマル派の方にもこれはおすすめです!

 

コペン本来の力を開放してあげる感じですね。

 

それでは良いコペンライフを!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました