コペンLA400のバッテリーの交換手順!画像付きでご紹介します

スポンサーリンク
コペンLA400のバッテリーの交換手順!
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。

ど~も、コペキチ(@copenl880silver)です。

 

さて、今回はLA400のバッテリーの交換手順をご紹介します。

 

普通の車と同じなので、特別難しいことはありません。

 

純正で物足りない方は、Panasonicのカオスバッテリーは良いですよ!

 

アイドリングストップ車用に開発されていて、軽量で65の大容量。

 

純正が42ですので、大幅な容量アップになります。

 

この数値が大きいほど容量が大きいので、余裕があるバッテリーです。

 

なぜかうちのローブには40のバッテリーが付いていて、完全に容量不足でした。

 

40のバッテリー

だから電圧が安定しなかったんですね。

 

Panasonicカオスバッテリー

N-M65/A3

 

お値段:税込15,400円。

※ディーラー価格ですのでネットだともっと安いです。

 

Amazonでお安く出ていました。

 

作業時間:約30分

作業難易度:1 out of 5 stars (1 / 5)

 

それでは早速、取り付けに必要なものからお伝えします。

 

スポンサーリンク

コペンLA400のバッテリーの交換に必要なもの

まずは取り付けに必要な道具を揃えていきましょう。

  • 新しいバッテリー
  • 10mmのスパナ( ラチェット機構があればなお良し )

 

10mmのスパナがあれば作業出来ます。

 

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥782 (2024/05/19 08:39:40時点 Amazon調べ-詳細)

では、準備が整ったので作業に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

コペンLA400のバッテリーの交換手順

では、作業手順を確認します。

 

  1. バッテリーのマイナス端子・プラス端子を外す
  2. バッテリー上部の金具を外す
  3. 古いバッテリーを外す
  4. 新しいバッテリーをセットする
  5. 逆の手順で組み付ける

それでは順番に見ていきましょう。

1.バッテリーのマイナス端子・プラス端子を外す

バッテリーマイナス端子を外す

まずはマイナス側から、10mmのボルトを左に回して外して端子を外します。

 

外れたらプラス側も同じように外します。

バッテリープラス端子を外す

 

コペキチ
コペキチ

これでもう電気は流れません。

 

2.バッテリー上部の金具を外す

バッテリーステー

バッテリーの端子を外したら、今度はバッテリーを固定している上部の金具を外していきます。

 

2か所のボルトで止まっていますので、緩めて外していきます。

 

バッテリーステーを緩める

ネジを緩めたら金具が外れます。

 

バッテリーステー取り外し

左側には金属の棒がハマっていますが、ネジを緩めれば外れます。

 

3.古いバッテリーを外す

バッテリーを外す

金具が外れたら、古いバッテリーを持ち上げて外します。

 

コペキチ
コペキチ

それほど重くは無いんで、

手で持てます。

外したバッテリーは、ディーラーやスタンドで処分してもらいましょう。

※引き取ってくれるか事前に電話で確認するとスムーズです

 

僕はいつもディーラーで引き取ってもらっています。

 

4.新しいバッテリーをセットする

LA400バッテリー

新しいバッテリーをセットします。

 

下のテーブルに乗せて、古いバッテリーと同じ向きに置きましょう。

 

 

5.逆の手順で組み付ける

後は、先ほど外した手順の逆です。

 

金具でバッテリーを固定し、最後にバッテリーのプラス端子⇒マイナス端子を締め込めば完成です。

 

コペキチ
コペキチ

お疲れ様でした。

 

バッテリーを外すと、燃費計算やインパネ照明やオーディオ設定、時計などがリセットされます。

 

再設定をして下さい。

 

正直、とても簡単ですので古いバッテリーを捨てるところが確保出来ていれば、自分でやった方が良いでしょう。

 

ただ、古いバッテリーを処分するのが面倒ならディーラーや整備工場で交換してもらうのも手です。

 

では、バッテリー交換のタイミングっていつなんでしょうか?

 

スポンサーリンク

バッテリー交換のタイミング

バッテリーの残量チェック

一般的には約3年程度でバッテリーは交換するものです。

 

ただし乗り方によってバッテリーの寿命も変わってきますので、バッテリーチェッカーで判断するのが確実です。

 

バッテリーチェッカー

緑色:新品状態黄色:やや減ってきているがまだ使える

赤色:要交換

 

コペキチ
コペキチ

バッテリーの端子につなぐだけで

バッテリーの劣化が分かります。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

今回は、コペンLA400のバッテリー交換を行いました。

 

使う工具も少ないですし、所要時間も30分掛からないでしょう。

 

 

ディーラーに取り付け頼むと、工賃は税込990円掛かります。

 

ぜひ参考にしながら取り付けにチャレンジしてみて下さい!

 

わずらわしいアイドリングストップ機能を常時OFFにするならコチラ↓

 

⇒LA400アイドリングストップキャンセラー取り付け!これで快適に

 

プラグ交換手順はこちら↓

 

⇒コペンLA400のプラグ交換手順!L880と比べてやりやすいよ

 

ハイビームのLED化ならコチラ↓

 

⇒コペンLA400ハイビームのLED化!作業手順を画像付きでご紹介

 

コペンは自分でいじると愛着が増しますよ(^^♪

 

それでは良きコペンライフを!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました