持ち込みタイヤ交換のグリピットレビュー!こんなに安くて大丈夫なの?

スポンサーリンク
持ちこみタイヤ交換のグリピットレビュー
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。

コペンLA400kの中古ホイールを買ったら、3部山のタイヤが付いてました。

 

そこでネットで新品タイヤを購入し、グリピットというタイヤ持ち込みサービスを利用したので、レビューしたいと思います。

 

今回購入したのは新品タイヤで、グッドイヤーのLS2000 165/50/16というサイズです。

 

ヤフオクで購入し、その価格なんと4本で29,000円(税込)!

 

しかも送料無料でした。

 

Amazonでも似たような価格で購入できます。

 

created by Rinker
グッドイヤー(Goodyear)
¥29,400 (2024/05/19 21:48:37時点 Amazon調べ-詳細)

ハイグリップではないですが、街乗りで丁度良いグリップ感という位置づけのタイヤです。

 

ロードノイズも少なく、リーズナブルなのでお気に入りです。

 

では早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

持ち込みタイヤ交換のグリピットレビュー!

コペンのトランクに積んだタイヤ

ネットでタイヤを購入した場合、問題となるのが持ち込みでのタイヤ交換です。

 

普通のお店だと持ち込みは割高だったり、嫌がられたり断られたりします。

 

お店としてはタイヤ買って欲しいですからね。

 

持ち込まれると儲からないので、大抵嫌われます。

 

でもそんなネット購入派に嬉しいサービスがグリピットというサービスなんです。

 

>>グリピット

 

グリピットは、近くのタイヤ持ち込み交換が出来るお店に予約ができるサービスです。

  • 予約はWEBで24時間受け付け
  • ネットで購入したタイヤを、直送することも可能
  • 交換時間は約40分

 

僕もサイトで近くのお店を検索し、予約を入れました。

 

しかし予約日が近づいたのにお店から連絡が無かったので、心配になり電話で確認しました。

 

担当の方とお話しして、当日の打ち合わせを行いました。

 

タイヤは車に乗せて持ち込むこと、車高は上げてあること。

 

この2つを伝えました。

 

車高が低いとリフトアップできない可能性があるので、お店の方から聞かれます。

 

もし連絡が無い場合は、確認の電話を入れた方が良いかもしれません。

 

持ち込み当日問題が発生!

助手席に積んだタイヤ

今回、ローブにタイヤ4本を積んだのですが、トランクに3本が限界で4本は無理でした。

 

それで仕方なく助手席に積んで運ぶことに。

 

でもこの載せ方は走行中動いてしまったので、あまりお勧めはしません。

 

仕方なく手で押さえながら走ってました。

 

と、ここまでは良かったのですが、いざお店に行ったら新たな問題が発生しました!

コペンL400kエンケイホイール装着例

なんとこの車高でもサイドエアロが邪魔して、アームが入らなくてリフトで持ち上げられないと言われました!

 

コペキチ
コペキチ

これは予想外でした。

 

最低地上高9センチはクリアしてますし、指2本くらいは入るくらい上げていたんです。

 

まさかこの車高でリフトアップできないとは、、、。

 

コペンはリフトの種類によっては、リフトアップが厳しい車高なんですね。

 

そこでスタッフの方としばし作戦会議をすることに。

 

そしたらスタッフさんが、フロントタイヤの下に角材を入れて浮かせて、その隙間にアームを入れてリフトアップすることに成功しました。

リフトアップしたコペン

いや~、良かった良かった。

 

リフトアップさえ出来れば、後はスタッフさんにお任せでタイヤ交換ができます。

 

リフトの種類はお店によって違いますので、事前に確認しておくと安心です。

 

タイヤ交換のついでにハブリングとナットを新調

今回はついでにハブリングとホイールナットも新調しました。

 

ハブリングは社外ホイールを組む時に、センター出しが簡単に出来るパーツです。

 

社外ホイールは色んな車種で使えるように、センターハブ径を少し大きめに設計されています。

 

サイズは67mm→54mmです。

 

装着前(L880のホイール交換の時の画像です)

ハブリング装着前

ハブリング装着後

ハブリング装着後

たったこれだけですが、センター出しがめっちゃ簡単になります。

 

ホイールナットは純正が少しくすんでいたので、黒に変えました。

 

サイズはM12×P1.5 4H車用の袋タイプ21HEXをチョイス。

ホイールナットを黒くしたエンケイホイール

ホイールナットは、ホイールからはみ出ないようにサイズを選びました。

 

手際よくタイヤを外して、新しいタイヤを組み込んでいました。

 

僕が持ち込んだお店は、ガソリンスタンドでした。

 

なのでタイヤ交換に慣れているスタッフさんだったので安心してお任せすることができました。

 

ちょっと最初の段取りで時間が掛かったので、40分では終わらず1時間弱かかりました。

 

スポンサーリンク

グリピットの料金は?

グリピットの料金は、タイヤのサイズによって変わってきます。

 

詳しくは料金表をご覧ください。

インチ数1本2本3本4本
12~14インチ1,925円3,850円4,400円5,500円
15・16インチ2,200円4,400円5,500円6,600円
17・18インチ2,475円4,950円6,600円7,700円
19インチ3,300円6,600円9,900円11,000円
20インチ3,850円7,700円11,000円12,100円
21インチ※要問合せ

※すべて税込価格

 

作業内容としては、

  1. 車両よりタイヤを外す
  2. タイヤの組み換え
  3. ゴムバルブ交換
  4. バランス取り
  5. 車両への取り付け

となります。

また別途料金として以下のようなものがあります。

  • 廃タイヤ代:+275円/本
  • ランフラットタイヤ:+880円/本
  • 空気圧センサー装着車:+550円/本
  • 追加でホイールからタイヤを外す場合
    12~17インチ:550円/本
    18~20インチ:1,100円/本
    20インチ~:要相談
  • 一部の4WD・SUV車:+330円/本

今回の場合16インチホイールでしたので、以下のような計算になります。

 

16インチ×4本=6,600円

 

廃タイヤ処理×4本=275×4=1,100円

 

6,600円+1,100円=7,700円(税込)

 

タイヤ持ち込み交換+廃タイヤ処理で7,700円(税込)で収まりました。

 

コペキチ
コペキチ

これめっちゃ安いと思います。

安いですが作業は丁寧でしたし、その後走行してもタイヤのブレなどもなく大変満足な作業でした。

 

今後もタイヤ交換の時は、お世話になろうと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ:持ち込みタイヤ交換のグリピットレビュー!こんなに安くて大丈夫なの?

まとめ

今回、初めてグリピットのサービスを利用しました。

 

正直、タイヤはリアル店舗よりネット購入の方が安いです。

 

これはリアル店舗の方も認めていて、安く買いたいならネットで購入した方が良いと言われました。

 

その後の取り付けで普通のお店に持って行くと、数万円は掛かります。

 

それが税込7,700円で済むんですから、使わない手は無いでしょう。

 

この記事が参考になれば嬉しいです。

 

 

コペンのホイール交換に関してはコチラ↓

⇒コペンのホイールサイズは?インチアップしないという選択を選んだ理由

 

コペンの車高調交換に関してはコチラ↓

⇒コペンLA400の車高調の取り付け方!HKSハイパーマックスGT

 

コペンは元々ランニングコストが安い車ですが、タイヤ交換もこの方法ならさらに費用を安く抑えることができます。

 

その分をガソリン代に回して、コペンを楽しみましょう!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました