コペンL880リアスポイラーの取り付け!必要なものと手順をご紹介

スポンサーリンク
コペンL880リアスポイラーの取り付け!
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。

ど~も、コペキチ(@copenl880silver)です。

 

さて、今回はコペンL880に、純正リアスポイラーを取り付けたので、その様子をお伝えしようと思います。

 

 

そもそもうちのL880は、購入した時は何もエアロパーツが付いていませんでした。

 

いや、ついていなかったというより、外された状態で納車されました。

コペンL880ノーマルエアロ

両面テープの跡がしっかり残ってましたし。( せめて納車の時に取ってよ )

 

コペンのL880のリアスポイラーは、社外品も沢山あったんですが、デザイン的に純正が一番しっくりきそうだったんで純正にしました。

 

取り付けにはトランクへの穴開け加工がありますので、ちょっと勇気が必要です(笑)

 

品番:999-01870-K2-115

価格:税込38,500円。

 

作業時間:約1.5時間

作業難易度:3 out of 5 stars (3 / 5)

 

それでは早速、取り付けに必要なものからお伝えします。

 

スポンサーリンク

コペンL880K純正リアスポイラーの取り付けに必要なもの

まずは取り付けに必要な道具を揃えていきましょう。

  • 電動ドライバー
  • Φ3、Φ8ドリル
  • プラスドライバー
  • ポンチ
  • ハンマー
  • ラッチェットレンチ
  • 丸ヤスリ
  • 錆止め剤
  • マスキングテープ
  • 新聞紙などの紙

穴開け時にトランク内に削りカスが落ちるので、新聞紙などを敷いて作業しましょう。

 

電動ドライバーは、コードレスタイプ(充電タイプ)があると作業しやすいです。

 

 

ポンチも一つ持っておくと何かと便利です。

 

created by Rinker
¥396 (2024/05/19 22:58:38時点 楽天市場調べ-詳細)

 

では、準備が整ったので作業に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

コペンL880K純正リアスポイラーの取り付け手順

では、作業手順を確認します。

 

型紙は予め切り取っておきましょう。

  1. トランクを開けインナー側ホールカバーを外す
  2. 型紙をセットする
  3. ポンチで穴位置を打つ
  4. トランクに電動ドリルで穴をあける
  5. 穴のバリを仕上げる
  6. リアスポイラーを取り付ける

それでは順番に見ていきましょう。

 

1.トランクを開けインナー側ホールカバーを外す

L880トランクホールカバー

プラスドライバーで左右のクリップを2つ外します。

 

後はマジックテープでくっついているだけなのではがします。

 

 

2.型紙をセットする

L880リアスポ型紙右

トランクのラインに沿って型紙をマスキングテープで固定します。

 

カットラインを合わせて貼りましょう。

 

左側も同じように貼ります。

 

L880リアスポ型紙左

 

左右の穴位置間の長さは670mmですので、型紙を貼ったら念のためメジャーなどで測定しておきます。

L880トランクに型紙をセット

 

ここで位置を間違えると、スポイラーが斜めに付いてしまったり、ボルトが穴に入らないなんてことになりますので、しっかり時間をかけて位置決めしましょう。

 

 

3.ポンチで穴位置を打つ

ポンチで印を付ける

画像では分かりにくいですが、型紙の穴の中心点にポンチを当ててハンマーで軽く叩きます。

 

4.トランクに電動ドリルで穴をあける

L880トランク穴開け小さな穴

Φ3で小さな穴をあけてから、Φ8で大きくしておきます。

 

L880トランク穴開け

ここが一番のポイントです。

 

怖がらずにあけてしまいましょう。

L880トランク穴開け切子

 

画像のように結構切子が出ますので、下に新聞紙が必要です。

 

コペキチ
コペキチ

正直、この作業さえ終われば、

もう終わったようなものです。

 

5.穴のバリを仕上げる

バリ取り

丸ヤスリを使って、バリを取っておきます。

 

created by Rinker
髙儀(Takagi)
¥418 (2024/05/19 06:59:22時点 Amazon調べ-詳細)

外側から内側に向かってこするとキレイに取れます。

 

その後、穴には錆止め剤を塗るか、タッチアップペイントを塗っておきます。

L880トランク穴錆止め

 

 

コペキチ
コペキチ

ここまでくれば、もう一息です!

 

 

6.リアスポイラーを取り付ける

L880トランクに新聞紙
一度そのまま置いてボルトが穴に入るか確認しておきます。

 

L880純正リアスポイラー裏側
問題ないようなら、裏面にある両面テープのフィルムを少しはがして外側に曲げておきます。

 

リアスポの外側に、フィルムの先端が来るように全てのフィルムを出します。

 

その状態でトランクに乗せて、位置を確認しつつ先程外に出していたフィルムを外に引っ張ります。

 

L880リアスポイラー固定

 

これで両面テープでの固定が終わります。

 

L880トランク裏ナット

その後トランク裏のボルトにナットを締め込んでいきます。

 

締め付けトルクは、3.9~5.9N.m( 0.4~0.6kgfm )です。

 

外れないようにしっかり締め付けておきます。

 

あとはトランク内に置いた新聞紙を片付けて、トランクのインナーカバーを取り付ければ完成です!

 

■ビフォー

 

■アフター

L880リアスポイラー取り付け

 

画像にはリアのアンダースポイラーが付いていますが、リアスポイラーだけでも存在感が違いますね!

 

リアアンダースポイラースポイラーの取り付けはコチラ↓

 

⇒コペンL880リアエアロの取り付け!レーシングハマーでイメチェン

 

L880リアスポ上から

たったこれだけの板ですが、さすが純正品だけあってピッタリハマりました。

 

横から見てもさりげなくおしゃれです。

L880リアスポ横から

そしてカッコよさが増し増しになって大満足です。

 

YouTubeで中古品ですが、取り付けている様子が分かる動画がありましたので置いておきますね。

 

 

心配していた雨漏りも無く、やってみたら意外と簡単な作業でした。

 

コペキチ
コペキチ

再塗装もなしで

それほど違和感は無かったです。

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

今回は、L880コペンに純正リアスポイラーを取り付けました。

 

ディーラーに取り付け頼むと、工賃は税込6,930円掛かります。

 

ぜひ参考にしながら取り付けにチャレンジしてみて下さい!

 

L880コペンも20年選手。

 

部品が出る内に手に入れておいた方が良いですよ!

 

純正フロントロアスカートの取り付けはコチラ↓

 

⇒L880の純正フロントロアスカートの取り付け!DIYでやってみた

 

ルーフ開閉速度でお悩みの方はコチラをどうぞ。

 

⇒千葉のわだちさんでリビルト油圧ポンプ交換!感動の開閉スピードへ

 

カウルトップの交換はコチラ↓

 

⇒コペンL880カウルトップの交換!意外なものが役に立ったんだよね

 

レーシングハマーサイドステップの取り付けはコチラ↓

 

⇒L880レーシングハマーサイドステップの取り付け!一工夫必要だよ

 

コペンは自分でいじると愛着が増しますよ(^^♪

 

良いコペンライフを♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました