コペンL880kボンネットのスポンジの貼り替え!ボンネットのガタツキが解消

スポンサーリンク
コペンL880kボンネットのスポンジの貼り替え!
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。

コペキチ(@copenl880silver)です。

 

うちのL880kコペンは、ボンネットを閉めていても、手で触ると少し動いてしまっていたんです。

 

定番の左右のクッションゴムの高さ調整はやってみましたが、解消にはなりませんでした。

 

そしてある日エンジンルームの清掃をしていたら、ボンネット裏のスポンジがボロボロなのに気が付いたんです。

 

んっ、もしかしてこれが原因なのか?

 

丁度、家に余っているスポンジがあったんで交換してみることにしました。

 

作業時間:約1時間

作業難易度:1 out of 5 stars (1 / 5)

 

それでは早速、取り付けに必要なものからお伝えします。

 

スポンサーリンク

コペンL880kボンネットのスポンジ交換に必要なもの

まずは取り付けに必要な道具を揃えていきましょう。

  • スポンジ(隙間テープ)
  • シール剥がし
  • 新聞紙などの要らない紙
  • ヘラ
  • はさみ
  • ピカール
  • ウエス

今回はついでにボンネット裏の清掃まで行ったので、研磨剤のピカールを用意しました。

 

スポンジの交換だけなら不要になります。

 

created by Rinker
スリーエム(3M)
¥499 (2024/02/27 03:30:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンジは3Mの厚さ9㎜×幅15㎜×長さ2mのものを使用しました。

 

大きさ的にはこれでピッタリでした。

 

古いシールをはがすのには雷神は欠かせません。

 

created by Rinker
ピカール(Pikal)
¥315 (2024/02/27 11:03:59時点 Amazon調べ-詳細)

ボンネット裏の清掃にはピカールが最適です。

 

では、準備が整ったので作業に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

コペンL880kボンネットのスポンジ交換の手順

では、作業手順を確認します。

 

  1. 古いスポンジを剥がす
  2. ボンネット裏を清掃
  3. 新しいスポンジを貼り付ける

それでは順番に見ていきましょう。

1.古いスポンジを剥がす

L880kボンネット裏の古いスポンジ

見て下さい、このボロボロのスポンジ!

 

この状態では、もはや何の役にも立っていないのがお分かり頂けると思います。

 

でもここに純正でスポンジが貼ってあるということは、必ず意味があって貼ってあるはずなんですよね?

 

ここのスポンジがエンジンルームのフレームなどの間に収まって、ボンネットの振動などを抑えているだろうという推測で作業をしてみました。

 

試しにこのシール痕を手で剥がそうとしましたが、ボロボロと砕けて全然剥がれませんでした。

 

なのでここはラベルはがしの雷神の出番です!

 

ラベルはがし雷神

僕はこのハケタイプの雷神を愛用しています。

 

ラベルはがし雷神を塗布したシール痕

シール痕の上からハケで雷神を塗って1分くらい放置。

 

そしてヘラを使って剥がしていきます。

 

乾いてきたらまた雷神を塗ってヘラでこすります。

 

これを数回繰り返していくと、徐々に剥がれてきます。

 

焦っても意味がないので、じっくり時間をかけて行う感じで進めていきましょう。

 

この時、ヘラでこすって剥がれたシールのカスがボロボロ落ちてきますので、新聞紙などの要らない紙を敷いておいた方が良いです。

 

シールのカスを受ける紙

僕はAmazonの箱に入ってくる緩衝材をストックしてあるので、それを使いました。

 

これ敷いとかないと、エンジンルームがベタベタになります^^;

 

根気よく剥がしていくと、全体のシールが取れます。

 

L880kbポンネット裏スポンジを剥がした状態

古いシールを剥がさず上から貼るという選択肢もありますが、それだとすぐにまた剥がれてきそうなのでここは思い切って全部剥がしましょう。

 

2.ボンネット裏を清掃

L880kボンネット裏

普段からボンネット裏を清掃してる方は、ここの工程は飛ばして次へ進んで下さい。

 

僕みたいにサボっていた人は、この機会に清掃してしまいましょう!(笑)

 

まずは水で濡らしたウエスを固く絞ってから、ボンネット裏全体を拭いていきます。

 

次にピカールをウエスに少量付けて磨いていきます。

 

ピカールで全体のクスミが取れたら、もう一度水拭きして完成です。

L880k清掃したボンネット裏

ここまでくれば、後は新しいスポンジを貼り付けるだけです。

 

3.新しいスポンジを貼り付ける

カットした防水テープ

僕は防水テープを、約36cmの長さに切って貼り付けました。

 

【ビフォー】

L880kボンネット裏の古いスポンジ

【アフター】

ボンネット裏に新しいスポンジを貼ったL880k

コペキチ
コペキチ

こういう部分が新しくなると

気持ちが良いですよ!

L880kボンネットを閉めた状態

作業後ボンネットを閉めて手で触ってみましたが、全く動かなくなりました!

 

やはり効果絶大ですね。

 

L880kのオーナーさんで、ボンネットのカタカタ音やガタツキが気になるようでしたら、ぜひ試してみて下さい。

 

費用も安いですし、それほど時間も掛かりません。

 

古いシール痕さえ剥がせれば終わったようなものですから。

 

今回は防水テープを使いましたが、別に防水でなくても良いと思います。

 

コペキチ
コペキチ

お好みで選んで下さい。

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

今回は、コペンL880kのボンネット裏に新しいスポンジを取り付けました。

 

L880kは年数が経ってるので、こういう細かい部分が劣化しています。

 

正規の部品もあるみたいですが、この安いスポンジでも十分代用出来ると思います。

 

ぜひ参考にしながら、貼り替えにチャレンジしてみて下さい!

 

コペンは自分でいじると愛着が増しますよ(^^♪

 

コペンの持病、ルーフロックの調整はこれで解決します!

⇒コペンルーフロックの調整方法は?屋根のコトコト音ガタガタ音の解消

 

5jのホイールのマッチングは?

⇒コペンL880のホイールを交換しました!アップガレージで中古を購入

 

それでは良いコペンライフを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
整備
copekichiをフォローする
ブログランキング

ブログランキングに登録しています。

読んだよ!の印にポチっと押してもらえると、小躍りして喜びます♪

コペキチのコペンに乗りま専科?

コメント

タイトルとURLをコピーしました