コペンL880にリアスピーカーを付ける!取り付け方をご紹介します

スポンサーリンク
コペンL880にリアスピーカーを付ける
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。

コペキチ(@copenl880silver)です。

 

コペンは良い車なんですが、ことスピーカーに関しては不満がありました。

 

元々2スピーカーしかなく、リアにスピーカーが無いんです。

 

もう軽トラとかその類と同じレベルです(笑)

 

そこでリアスピーカーを追加したいと思っていたところ、運よくヤフオクで今回のスピーカーを落札出来ました。

L880センタートリムにスピーカー埋め込み

 

純正のセンタートリムにスピーカーが埋め込まれています。

 

大きさは16cm。

 

カロッツェリアのTS-F1630というスピーカーが付いていました。

created by Rinker
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥9,800 (2024/05/19 22:34:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

なので今回は、センタートリムに穴を開けたり、スピーカーをセットしたりする工程は含まれません。

※画像を参考に作れる方はやってみて下さい

 

ヤフオクの落札価格はコチラ↓

 

お値段:税込12,000円

 

作業時間:約2時間

作業難易度:3 out of 5 stars (3 / 5)

 

それでは早速、リアスピーカーの取り付けに必要なものからお伝えします。

 

スポンサーリンク

コペンL880のリアスピーカーの取り付けに必要なもの

まずは取り付けに必要な道具を揃えていきましょう。

  • プラスドライバー
  • 電工ペンチ
  • オーディオ用平型端子セット
  • ギボシ端子セット
  • オーディオ用ケーブル(0.75スケア)
  • インシュロック

今回使用したケーブルはコチラ↓

 

 

スピーカーと配線をつなぐための平型端子も必要です。

 

 

ギボシ端子はこれでですね。

 

 

電工ペンチも必要ですね。

 

 

では、準備が整ったので作業に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

コペンL880のリアスピーカーの取り付け手順

では、作業手順を確認します。

 

  1. 純正のセンタートリムを取り外す
  2. スピーカー埋め込み済みセンタートリムを設置する
  3. センターコンソールの下に配線を通す
  4. カーナビの裏に配線を接続する

 

それでは順番に見ていきましょう。

1.純正のセンタートリムを取り外す

L880シートベルト

まずは純正のセンタートリムを外すことから始めていきます。

 

シートベルトの巻取り機の前のボードを左右外します。

 

クリップで止まっているだけなので、センター側から指で浮かせてそのまま手前に引き抜けば簡単に外れます。

 

次にウィンドウリフレクターを取り外して下さい。

 

詳しい外し方はコチラ↓

⇒コペンL880ウィンドディフレクターの交換!簡単にイメチェンしよう

L880センタースクリーン下の土台を外す

外したら土台部分も外してしまいます。

 

クリップ2個で止まっているだけなので、これも上方向に引き抜けば取れます。

 

ロールバーの下のカバーも浮かせておきます。(クリップで止まっているだけ)

 

L880シートベルトユニットカバーを左右外す

するとこのように、センタートリムが外せる状態になります。

 

ここでセンターコンソールも外しておきます。

 

L880センターコンソールを外す

赤い丸部分にネジがありますので3か所外します。

 

L880センターコンソールサイドのネジ

さらに横方向にも左右2個ずつネジがありますので外して下さい。

 

手前側のネジはシートを付けたままではやりにくいですが、僕は横着なんでシートは外さないでシートを前後に動かしてネジを外せる位置を探して外しました。

 

センタートリムはクリップだけで止まっていますので、一か所浮かせてしまえば簡単に取れます。

L880純正センタートリム

センタートリムを外したら、クリップを移植します。

 

2.スピーカー埋め込み済みセンタートリムを設置する

 

オーディオ用端子を接続

先にケーブルの先端に、オーディオ用平型端子をセットしておきます。

 

どちらもメスですが、大きさが違うので間違えないようにしましょう。

 

プラスの配線に大きなメス端子、マイナスの配線(黒い線が入っている方)に小さなメス端子を取り付けておきます。

 

オーディオ用平型端子

透明のカバーを先に通してから、端子を付けて下さいね。(意外と忘れます)

 

カロッツェリアスピーカー

そしたらスピーカーの裏の端子が見えますので、ここに先程の平型端子を差し込みます。

 

左右で大きさが違うので、大きい方に大きな端子、小さい方に小さい端子と差し込みます。

 

大きな端子:プラス端子

小さな端子:マイナス端子

 

ですのでお間違えないよう。

 

L880リアスピーカーを追加

あとは配線をセンターから出すようにセットして、先ほど移植したクリップで固定します。

 

L880リアスピーカー設置

先程外しておいたシートベルト巻取り機前のパネルやセンタースクリーンも元に戻します。

 

 

3.センターコンソールの下に配線を通す

コペキチ
コペキチ

写メを撮り忘れていましたので、

文章で説明しますね。

 

センターコンソール下はサイドブレーキや給油口のレバーまでワイヤーが通っていたりします。

 

そういうのを避けながら、インシュロックで固定しつつカーナビの方まで配線を通していきます。

 

通し終わったら、灰皿の横を通ってカーナビ下まで配線を持ってきます。

 

この時右側の配線だけテープを貼っておくと、左右を間違えなくて済みます。

 

4.カーナビの裏に配線を接続する

リアスピーカー配線

コペンの場合、画像のようにリアスピーカー配線が余っています。

 

紫 :右リア+

紫黒:右リア-

緑 :左リア+

緑黒:左リア-

 

先ほど引っ張ってきた配線に、ギボシ端子を取り付けてから差し込みます。

 

あとはカーナビを元に戻せば完成です。

 

コペキチ
コペキチ

配線をつないだら、

音が出るかテストしましょう。

 

 

実際に音楽をかけて聴いてみたんですが、音の奥行きが増したというかステレオになった感じですね。

 

シートの裏になるので全然見えないんですけど、後ろから音が聴こえるのは良いですね。

 

場所的にも邪魔にならないですし、これは良い買い物をしたと思います。

 

 

コペキチ
コペキチ

これやると、

LA400の方も

付けたくなりますね。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

今回は、コペンL880にリアスピーカーを取り付けました。

 

最初から付けて欲しいと思いますけど、2シーターだから特に必要無いとメーカーは考えているんでしょうかね?

 

せめて次の新型には、メーカーで4スピーカーを設定して欲しいと切に願います。

 

ぜひ参考にしながら取り付けにチャレンジしてみて下さい!

 

コペンのリアカメラに関してはコチラの記事で↓

 

⇒コペンL880のリアカメラの取り付け!ライセンス灯一体式に変えたよ

 

作業が難しいと感じる方は、お手伝いしてもらえるレンタルピットはいかが?

 

⇒レンタルガレージ静岡のEvolutionPITとは?料金や工具を調査

 

コペンは自分でいじると愛着が増しますよ(^^♪

 

それでコペンライフを楽しみましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました